あらゆるジャンルのマニア・おたく向け商品

懸賞 2010年 06月 24日 懸賞

まんだらけ、漫画専門の古い書店と、それを運営する会社や企業が発行していた冊子の名称。会社の商号は株式会社まんだらけ。 1980年(『まんだらけ風雲録』によると、1982年)、Galloなどを書いていた漫画家古川益三、東京都区にある中野ブロードウェイに漫画専門古書店"まんだらけ"をオープンした。全身には調布市にあった貸本店(以降の漫画専門古書店)"憂都離夜" 相場が確立されていない漫画の最初に適しているとする価格を設定して、古書としての取引を確立したマニアたちの間に現存疑われた足塚不二雄の『UTOPIA 最後の世界大戦』を発掘し、100万円という価格(当時は手塚漫画も高く、20万〜25万円程度)を付けることが話題となった。 漫画専門店として有名になったこと、古川後に"開運!なんでも鑑定団"(東京)に鑑定士として出演することになった。しかし、すがやみつるの原稿を石ノ森章太郎の原稿を間違えるなど、感情の目に関しては、疑問視する声もある。 1987年株式会社まんだらけを設立、会社組織として運営されている。初代の社長は古川の父、古川後に2代目の社長になった。 中野ブロードウェイの店舗を増やして中野ブロードウェイを日本屈指のおたくビルに発展させるきっかけを作った。現在、漫画だけでなく、アニメやゲームなどの音楽映像ソフトや各種おもちゃ、アニメグッズ、同人誌、コスプレ衣装など、あらゆるジャンルのマニア・おたく向けdvd 買取商品を扱うようになった。また、通信販売で写真の一覧"まんだらけ漫画目録"(後に"まんだらけ""まんだらけZENBU")を作成、古本漫画取引価格の基準になった。 1994年、渋谷をオープンして以来、各地に店舗を拡大した。各店舗には、どのようなコスプレをした従業員が常時配置させたことも話題となった。 1999年に米国ロサンゼルスに進出、これを皮切りに、海外各地に店舗を出すまでに至りましたが、その後の海外店舗はすべて閉店している(海外では、インターネットの通信販売をしている)。 1995年の出版部を設立、"まんだらけ漫画目録"の発行を開始した。次のプレスからの古川同人誌や通販目録を兼ねた冊子"まんだらけZENBU"漫画家の画集、復刻版コミックスを発行している。 2000年7月26日マザーズに上場。公募価格が125万円で93万円で売り相場は、取引での権利下落となったが、現在は"萌え関連銘柄"として認定されている。 2001年2月1日、ストリーミングの研究開発会社である(株)アクティビジョンとの資本提携を使用して映像配信事業を共同展開する予定だったが、後に資本を引き上げ、同社のインターネットテレビMandarayを開設した。 2008年4月5日、自社ビルの"まんだらけコンプレックス(新秋葉原店)"オープン。
[PR]

# by kfirkakg | 2010-06-24 18:53

懸賞